ごあいさつ

社長挨拶

弊社は1962年(昭和37年)に創業いたしましてから、平成30年3月1日をもって、創立55年を迎えようとしております。これもひとえに、皆様方の温かいご指導、ご支援、ご協力があってこそと心より感謝申し上げます。
この間、公共工事を主たる事業として積み重ねた工事実績により培った技術力で、建設会社として格別の評価をいただいて参りました。
21世紀を迎え、特に弊社が支店を構える小笠原村においては、飛行場建設計画の再浮上やつなみ対策等の防災事業、そして既設建物の老朽化に伴う建て替え時期でもあることから、さらなる技術の向上と、地域社会への貢献を念頭に置き、企業として全社をあげて進化してまいる所存でございます。
そしてこの度、平成29年7月12日をもちまして、飛島建設株式会社のグループ会社(100%出資の連結子会社)とあいなりました。
業務内容といたしましては、現存の体制で、今まで通り継続して建設活動・社会貢献活動に従事してまいります。
同時に、飛島建設株式会社在籍時に培った工事経験を融合させることで、さらなる飛躍にまい進してまいりますので、引き続き末永いご愛顧、ご用命を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                      代表取締役社長 岡部 一郎

会社概要

■社名 杉田建設興業 株式会社    
■所在地 【本社】
〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1018 地図を表示 
TEL 043-231-4874
FAX 043-231-4876


【小笠原支店】
〒100-2101
東京都小笠原村父島字清瀬
TEL 04998-2-2126 FAX 04998-2-2267

【母島営業所】
〒100-2101
東京都小笠原村母島字元地
TEL 04998-3-2020 FAX 04998-3-2021
   
■代表者 代表取締役社長 岡部 一郎 ■資本金 4,000万円
■創業 昭和37年9月 ■設立 昭和38年3月
■事業内容 総合建設業
建築一式・土木一式・舗装一式・水道施設一式・とび 土工一式
■従業員数 60名    
■許可・登録 国土交通大臣 特28号 第8201号
産業廃棄物処理業収集運搬業東京都知事 第13-00-156109号
■取引銀行 千葉銀行   京成駅前支店
千葉興業銀行 千葉支店
京葉銀行   本町支店
   
■所属団体 一般社団法人 千葉県建設業協会
千葉振興建設業協同組合
千葉商工会議所
小笠原建材協同組合
一般社団法人 千葉市建設業協会
一般社団法人 全国土木施工管理技士会連合会
千葉東法人会
ページの先頭へ戻る

沿革

1962年 創業者 杉田次郎、建築請負業杉田工務店を開業
1963年 株式会社に改組、杉田建設興業として設立(昭和38年)
資本金100万円
1969年 小笠原諸島、アメリカ合衆国より日本に返還
1970年 杉田次郎の故郷である小笠原に営業所開設
1981年 小笠原営業所を小笠原支店に昇格
1986年 太田信夫、代表取締役社長に就任
1988年 杉田正己、代表取締役社長に就任
1992年 母島営業所を開設
数次の増資を経て現在の資本金4,000万円となる
2017年 岡部一郎、代表取締役社長に就任
ページの先頭へ戻る

社会貢献

進学助成に対する寄附

平成5年3月に小笠原村の教育振興に対する資金として活用
して欲しいとの意向から、1千万円の寄附をしていただいた
「杉田建設興業株式会社」様から本年6月に再度、
300万円の寄附をしていただきました。

当初、この寄附金を「小笠原村教育振興基金」として
積み立て、その利息を教育振興に関する経費に充てて活用
しておりました。
ここ数年は期待できるほどの利息が見込めず、寄附者の意向
により、昨年度からはその基金を 「小笠原村進学助成基金」
に改め、利息ではなく元金を取崩して、内地進学受験のための費用の助成に活用させていただいております。
今回の寄附金につきましては、この基金への積み増しとして活用させていただく予定です。

この度の多大なる寄附に対して、 あらためて御寄附をいただきました「杉田建設興業株式会社」様へ
御礼と感謝を申し上げます。
併せて今後も小笠原村の教育振興に役立たせていただくとともに、小笠原村の発展に貢献できる人材育成に
活用させていただきます。

小笠原村HP「村民便り」より:No.602(平成24年8月1日発行)

東日本大震災の義援金

2011年3月11日(金)に発生した、東日本大地震により
多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げ
ますとともに、同時に被災された皆様へ心よりお見舞い
申し上げます。
杉田建設興業株式会社では、このたびの東日本大震災に
より被災された方々の救済および被災地復興のための
義援金・支援金として、日本赤十字社千葉県支部を通じ、
1000万円の寄託をいたしました。

赤十字社に寄付と救援金

昨年12月4日にフィリピン南部のミンダナオ島を直撃した台風24号では、死者1000人以上、行方不明者800人以上
との被害が報告されました。
多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げますとともに、心よりお見舞い申し上げます。
台風の多い小笠原諸島に支店と営業所をおく弊社は、今回の被害に関してとても他人事とは思えず、
少しでも力になれたなら、との思いから、50万円の救援金と50万円の寄付を贈呈しました。

地域社会への貢献

弊社では地域社会への貢献を目標に掲げ、日本赤十字社等を通じて収益の一部を社会へ還元しています。